F1チャンネル

F1のメモラビリアを中心に紹介するブログです 画像の転載は全て禁止です

テスト

3Dプリンターのノズル清掃をして、しばらくは問題なく動いていたのですが、
ときどきおかしな出力になってしまう
思い切ってノズル本体を交換してみて、テスト出力です

データは以前作ってみたメルセデスW05の初期型ノーズ
出力品質は中くらい(大帝のパーツはこの設定)

IMG_3278.jpg

サポートが一部折れてしまったことで、ダミーカメラ部の片側がよろしくないですが、
全体をみると非常に滑らか!びっくりです!
確かに、今までも綺麗な出力品が出ることもありましたが、テスト一発目でこれは凄い
ダミーカメラ前後で段差が出ていますが、裏側は問題ありませんでしたからデータかな?

ノズルは消耗品と考えた方が良いのかも
高いパーツじゃないし、失敗のフィラメント代金を考えたら、精神的にも良いと思うな





スポンサーサイト
  1. 2017/08/25(金) 21:26:00|
  2. 3Dプリンター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ステアリング

プラ板で作るつもりだったステアリングですが、ダメ元で3Dプリンターで出力してみました

20170.jpg

ヘッドを動かすスピードと温度をギリギリまで落として、2時間ほどの出力時間

ちょっとキズ取りをやってしまった後ですが、こんな感じ
ヘッドレストも厚みが足りないようでしたので、プラ板追加

IMG_3271.jpg

ホイールのリムよりヘッドの動く間隔が短ので、
熱ダレを起こしやすいのですが、今回はうまくできました

サフを筆塗り

IMG_3272.jpg

このくらいの小さな形状でも、3Dプリンターで大丈夫なようです


  1. 2017/08/16(水) 23:22:09|
  2. DW12
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コクピット周辺の壁を作りました
3Dプリントの積層痕を消すことを考えると、ここはプラ板の方が楽だと判断しました

まず箱を作ります
作ってあったシートと本体の間にハマるように現物あわせでの作業
後方の隠れてくれる部分は適当です

IMG_3257.jpg

ピッタリとシートがハマります
一部のパーツは塗装の利便性を考えて、現状では瞬着で仮止めです

IMG_3258.jpg

本体と合わせるとこんな感じ
足元のサスの付け根が見えているので、隠す板を作らないとダメですね

IMG_3259.jpg

ステアリングやノブにスイッチ、シートベルトと、まだまだ一杯残っています






  1. 2017/08/14(月) 06:33:27|
  2. DW12
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シートと給油口

給油口です
まず3Dプリンターでパイプを作って下部をカットします
なぜかまん丸ではなく下部がフラットなのです

IMG_3251.jpg

あらかじめ穴を空けてあった本体にはめ込み、クリアランスを調整します

IMG_3252.jpg

本体のカーブに合わせてカットします
下部のフラット面はプラ板で作る予定
ここは本体の色ではなく、カーボン地なので、接着はまだしません

IMG_3253.jpg

シートはF1用に作っていたデータを改造して出力しました
出力の方向は縦の方が良かったかもです

IMG_3254.jpg

本体に合わせますが、一部当たるところがありました
これは想定済みなので、少し削ってしまえば、ぴったりハマります

IMG_3256.jpg

シートが入ると一気に進んだ感じがします
そろそろスポンサーマークを出力して、本体の筋彫りをやりたいですね






  1. 2017/08/12(土) 17:01:08|
  2. DW12
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連投ですが

ラジエーターのテストをしました
数値的に、うちのプリンターノズルの限界です
一番細いところで0.4mmですが、ちょっと膨らんで見えます
ラフトではもっと細いのが出せるのですが、実際の造形ではスライスソフトで出力不可判定になりってしまうのです
他のスライサーならイケるのかも…

IMG_3249.jpg

ピンボケすいません
下記画像で穴が空いているのがわかるかと思います
ただの十字スリットですが、スケール的にV字と差が少ないです

IMG_3250.jpg

周辺が潰れているのですが、状態の良いところを繋げれば使えそうです
どのみちDW12の場合はチラッと見えるだけなので

  1. 2017/08/11(金) 19:23:11|
  2. DW12
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

違っていた

サイドポンツーン延長と謎パーツ(オレンジ部)の形状変更をしました
3Dで修正してプリントアウトなので、手間は最小限とはいえ、無視したい気分でした(笑)

IMG_3248.jpg

前回より精度が高くプリントできたので、結果良しとしておきたい(笑)

サイドポンツーン前端とサイドウイングのステイの位置関係を見るとわかるのですが、
どうやら某サンプルも位置関係の解釈が違うようです
また、謎パーツ(オレンジ部)が左右非対称であることがわかったので、データ修正中です

こんなパーツでもぴったりはまると嬉しいものです

  1. 2017/08/11(金) 17:02:43|
  2. DW12
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エンジン

エキゾーストはパイプだけで終わらせるつもりでしたが、
後ろから見ると中身がスカスカなのが丸見えでした。
見えると言っても一部なので、適当なものを作ります

資料が全然ないけど、それっぽいのが見えれば良しとし、
エンジンをでっち上げる
ここまで一体化してありまして、後からエキパイ部のみをパイプに置き換えます

IMG_3245.jpg

シボレーとごっちゃなデザインになっているかもですが、どうせほとんど見えません

まずは位置を確認

IMG_3246.jpg

リヤカウルを乗せたら、エキパイの位置は問題無し
しかし、リヤカウルが一部干渉しているので、この後微修正します

IMG_3247.jpg

だいぶん揃ってきました
HIROさんのはまだ発売されていないのかな?
みなさんのレビューが楽しみです!



  1. 2017/08/09(水) 13:09:58|
  2. DW12
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フロントホイールリム

リム部分を出力します
積層ピッチはうちの3Dプリンターの限界である0.05mm
速度も遅くするため、これ一つで2時間程度必要です

下記画像は出力プレビューです
142レイヤーとあります
今回の出力温度は190度と低めにしていますが、これはPLAのメーカーや部屋の温度に左右されます
img55.jpg


下地のラフトが付いた出力直後の状態
ノズル清掃したら、導入当初の性能が復活した感じで、結構安定した出力をしてくれています
IMG_3217.jpg

一個だけラフトを剥がした状態
IMG_3218.jpg


うちの出力ソフトですと、ラフトの剥がしが結構大変です
他のスライサーも試してみたいですね



  1. 2017/08/01(火) 17:37:50|
  2. DW12
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

f1channel

Author:f1channel
F1関係の主にメモラビリアを集めています
画像の無断転載は全て禁止です

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
ヘルメット (9)
ノーズ (7)
パーツ (40)
ゲーム (3)
その他 (2)
PC (2)
オーディオ (3)
スーツ (10)
AV (2)
ドライバー (3)
コレクションホール (13)
映画 (2)
3Dプリンター (9)
雑誌 (2)
模型 (0)
SF15-T (31)
ヘルメット模型 (4)
バイザー (3)
ミニカー (1)
RB9 (1)
DW12 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR