F1チャンネル

F1のメモラビリアを中心に紹介するブログです 画像の転載は全て禁止です

SF15T その2

初3Dプリントは下の小さいSF15-Tです。
とにかく、プリントアウトを試そうとやってみたのですが、スケール的には1/43くらいかな。
上が1/12スケールで出したノーズ。
黒く見えるところは
上面の丸みを削ったときに穴が空いた跡で、プラリペアで補修したところです。
ステイ前の長さも不足しているので、このあと延長しています。
小さいやつとノーズはムクの3Dデータのため、中身の補強材が透けています。

IMG_2062.jpg


こんなプリントではフィラメントがいくらあっても足りません。
もったいないので、カウルやモノコックは2〜3mm厚で出力。
まだ知識が乏しく、ガタガタですが…カウルの裏側です。
前後にスライスされているのは、長時間プリントが怖くて分割を細かくやったからです。
当時のダヴィンチJrでも高さ方向で150mmで作ることは可能でした。

IMG_2059.jpg


フロントウイングです。プリントアウト直後です。
スリットは抜けていますが、今だったらこんな方向でプリントアウトしませんね。
まだまだ試行錯誤中だったころの失敗品。
一番下はラフトというモノで、下時になります。
ここはプリントアウト後に剥がします。

IMG_2169.jpg


つづく


スポンサーサイト
  1. 2016/03/24(木) 11:38:23|
  2. SF15-T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SF15-T その1

F1を3Dプリントです。
これがやりたくて買ったようなものなのです。

車種はフェラーリSF15-Tの1/12スケールです
使用3DソフトはShade ver.15
いきなり自作のF1モデルをプリントするという暴挙

2016-03-23.jpg


これは昨年の10月の状態
使っていたプリンターはXYZプリンティングのダヴィンチJr(現在はFLASHFORGE社製のDreamer)

IMG_2058.jpg

早くプリントしたかったので、モデルは結構適当
どうせ加工するし…と思っていましたが、
今後はもっと3Dのデータをしっかりさせてからプリントしよう…

クリアのフィラメントは表面のチェックには向いていませんが、おまけで付属していたので…
透けてしまって、中身の補強材が見えるのも作業性が悪いですね。

まだモノコックが長く、リヤカウルが短い状態。
結局切断して修正しましたが、きっちり3Dデータでチェックするべきでしたね。
また、タイヤもホイールも大きいのでこれはボツになりました。
リヤ翼端板もこれは結局破棄。
3Dプリンター購入初期はとにかくゴミをたくさん作りましたが、良い経験になりましたよ。

つづく
  1. 2016/03/23(水) 19:10:53|
  2. SF15-T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

決勝

アロンソ、本当に良かった!でもパワーユニットは全損かな?モノコックも?
ハース初入賞おめでとう!
川井氏はハース以前の初戦入賞チームの最後をトヨタっていってましたけど、ブラウン以来じゃない?
次はバーレーン。予選は従来方式に。
ここで、各チームの序列がきっちり出るかな?


3Dプリンター関連が続いていますが、
とりあえず、シートは2つ出力完了。
2つ目はエクストルーダーのトラブルもなく、このように繋ぎ目消し不要な状態。
あとは表面の処理と塗装のみ。

IMG_2418b.jpg


仕事中に後席のプリントもやってます。
前席とは打って変わって、ごちゃごちゃメカディティール。
こちらは分割多め。この方が積層痕良く、仕上げが楽です。
ただ、次はクッション部分もパーツを分けようと思います。
それはまたいずれ。

IMG_2416b.jpg

  1. 2016/03/22(火) 09:49:15|
  2. 3Dプリンター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

P3と予選

予選方式は批判の嵐。
改善の必要があるのでしょうが、新しい試みが上手くいかないことはよくあること。
FIAが犯罪を犯しているかのような断罪の言葉遣いはやめましょう。
結果だけ見たら、昨年までの予選なら少し違った結果もあったでしょうが、大きなサプライズは無かったかな。
マクラーレンホンダは意外に良かったのですが、これから出発という感じですね。

ミレニアムファルコンのシートは接着が終わりました。
素材がPLAなので瞬着でくっつけます。
部分的にプラリペアで補強します。(乾燥が速いのに融着するので強力です)

IMG_2411.jpg


ホットトイズのハンソロを乗せてみました。
普段はブラスターを持たせているので、変なポーズですが…
劇中のバランスに近いかな。

IMG_2412.jpg


チューバッカもこんな感じ。
前から見ると椅子なんか見えませんね。
でも映画でもそうでしたから、これでいいのです。

IMG_2413.jpg


横から見るとこんな感じ。

IMG_2414.jpg


3Dプリンター作動中の様子。
LEDランプが付いているので稼働中は明るいんです。
デュアルヘッドなのでエクストルーダーが2つあります。
もっとも2色で出力はやったことがありませんけれど。

IMG_2415.jpg

プリントしているものは、後方のシート。
こっちの方がパーツ分割が複雑です。
こちらの進捗はいずれ。


  1. 2016/03/20(日) 08:13:48|
  2. 3Dプリンター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

P1とP2

F1開幕戦は残念ながら強風と雨まじりの状態で、焦らされている感じさえする。

ニコのクラッシュは意外。
昨年のUSGPでも立ち上がりでアクセルオンが早くてテールスライドからコースアウト。
ルイスにオーバーテイクされてチャンピオンが決まった瞬間を思い出す挙動。
ただ、今回のP2は状況的にそんな運転が必要がないはずで…
メルセデスはP1とP2でノーズを変えていましたが、あれだけ走ってもまだ比較走行。
フェラーリの白色は個人的に違和感なし。
レッドブルのフラットネイビーは地味な印象。
ルノーのイエローはジョーダンを思い出しますが、随分シンプルに見えます。
マクラーレン・ホンダは…あれじゃあわからないですね…

予選も雨だと非常に混乱する内容となるでしょうが、
新しいレギュレーションだからドライでまともな状況を望みたいですね。
天気予報は朝から降水確率は10%以下に。
さて、どうなんだろう。



で、昨日のミレニアムファルコンの続きですが、
出力完了。
3分割のつもりが、フィーダーのトラブルで4分割に。
おかげで(?)内部のハニカムが見えます。これが充填率によって密度が変わるのです。
これで10%。

IMG_2407b.jpg



積層跡はZ軸方向でこんな感じ。
これで0.2ミリ。

IMG_2408b.jpg



下部にはラフトとサポートがあります。
下面がフラットなのでサポートは必要ありませんが、ラフトより剥がしやすいのです。
サポートだと、パリパリ簡単に剥がせます。
ラフトは手で全てを剥がすのは無理なくらいガッチリくっついています。
これは接触面が多いので当然ですが。

IMG_2409b.jpg



もっとも、剥がした跡はラフトのみの方が綺麗なので、場所によって使い分け必要です。
サポートだと、このようにザラザラ。でも平ヤスリで簡単に綺麗にできますから、
接着面ならこっちの方が個人的には楽だと思っています。

IMG_241b0.jpg



  1. 2016/03/19(土) 06:33:54|
  2. 3Dプリンター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミレニアムファルコンのイス

ホットトイズ用の1/6スケールの椅子を作ります。
スターウォーズ、ミレニアムファルコンのコクピット、パイロット席。

まずは3Dのデータを用意。

FG000.jpg

ソフトはShadeを使っています。
後席はメカメカしいデザインなのに、なぜかパイロットシートはラグジュアリーなデザイン。
当時の何かの椅子の使い回しなんでしょうか?
新作のep7でも変わっていませんでしたね。

これをSTL形式でエクスポート。
スライスソフトで開きます。
ソフトはFlashPrint。

FG001.jpg

サイズがプリント範囲の高さ方向をオーバーしているので3分割しました。
この分割はスライスソフトで可能。

これをスライスしてプリンターでの積層をプレビュー。
左の数字は積層の数字。

FG002.jpg

一番下はラフトとサポート。

FG003.jpg

中身の充填率は10%。
ハニカムになっているのがそれで、充填率を上げるとこのハニカムが細かくなり強度が増す。
フィギュアを乗せるだけなので、これで十分。
積層は0.2mm。プリント時間は6時間。
最高の設定で0.05mmで積層できますが、このくらいのサイズやディティールなら0.2mmで十分でしょう。

  1. 2016/03/18(金) 04:31:55|
  2. 3Dプリンター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バックナンバー

昨日書いたタブホですが、
こんな感じでバックナンバーも読めます。
雑誌によって対応は様々ですが、F1速報は昨年のメキシコGPまで読めます。
総集編まであるのが驚き。

IMG_1663b.jpg



ルノーの新カラーリング、ハースもどうやら変えてきたみたいですね。
開幕に向けたアップデートの確認やらなにやらで明日のフリー走行が終わるのでしょうが、
それでも楽しみなのは毎戦同じ。

CSの契約はF1のためだけに2000年あたりから続けてきました。
wowowの契約のきっかけも92年から始まったF1のノーカット放送(録画ですが)のためでした。
視聴可能な環境を手に入れるために、引越しのたびアンテナの方向と受信の可否を気にしてきました。
今年オフはf1関係の放送は総集編とF1GPニュース1回のみでしたが、それでもいいのです。
本線を観られるなら、それだけで満足。
人それぞれ求める温度が違うだろうけれど、一時よりF1ファンがいないし、鈴鹿も決勝で10万人以下。
自由席さえ売り切れた2006年の16万人の時は今までにない大渋滞だったが、それも昔の話。
放送があるだけありがたいと思う。
なにかと比較したり、知りもしないことをとやかく邪推しても意味がない。
来年以降の心配を部外者がしても仕方がない。
ただ契約を続行して視聴して応援するのみ。
iPadのF1アプリも更新済み。タイミングモニターを用意しつつ、まずは明日の放送!
  1. 2016/03/17(木) 06:42:46|
  2. 雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タブホ

タブホという月額500円で雑誌読み放題というサービスを利用しています。
20、30代のころから読んでいた雑誌が多数あったからです。
最近本屋に行く機会が無くなって(本屋自体も無くなってしまったが)すっかり読んでいなかったのですが、
これのおかげで安価に読めるようになりました。
気になる記事はスクリーンショットで保存する程度で十分。


そして、F1速報やオートスポーツの三栄書房が加わりました。

多少配信が遅いようですが、それでも十分な内容です。
全部で400種類ほどの雑誌があるようですが、気にいって読む雑誌は10数冊。
そのくらいでも月額を考えれば納得です。
本屋に行かなければスルーするような雑誌でも読んでしまいますしね。
通勤が長い人なんかはスマホで読むのがオススメです。
私は徒歩とか車なんで、もっぱら待ち時間に読むのですが。

IMG_1606.jpg

  1. 2016/03/16(水) 06:23:23|
  2. 雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カーナンバー

カーナンバー1のパーツを一つでもいいから入手したいと思っていたのは何年前のことだったか。
今やカーナンバー1を付けずにマイナンバーにこだわり、1を付けたマシンが走っていない。
最後のカーナンバー1の思い出はレッドブルのベッテル車。
それも、かなり控えめな1。

画像はそのレッドブルパーツコーナー。
部屋の端っこにギュッと追いやられたかのように飾ってある。
ネットで綺麗な展示をしている人を見つけると、羨ましいと思う。
もう少し考えたい。

IMG_2337b.jpg




  1. 2016/03/15(火) 06:07:58|
  2. パーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3Dプリンター

ステアリングをガラスケースの上に置く事にしたのはいいのですが、
普通に置くと操作面が上を向いてしまい、見にくくなったので3Dプリンターで
こんなものを作ってみました。
簡単なスタンド形状でステアリングボスを持ち上げ、更に下部を支える板を設ける事で滑り落ちを防止。
こういう簡単な物ならモデリング30分にプリントアウト1時間程度。
素材はPLAのホワイト。

もっと面倒なものも作っていますが、ある程度形になったら紹介します。

後方から
下部プレートが反っていますね。ここはリブを設ければ良かったということです。
面倒なのでとりあえずこのまま。
IMG_2403b.jpg

前方から
よく見えるようになりました!
IMG_2404b.jpg

追記
ついにBSでのF1放送が無くなってしまったようですね。
これで有料でしかF1を観る事が出来なくなったわけで、なんとなく見てきた人も振るい落とされることに…
また、CSでの再放送も予選と決勝のみで、フリー走行は生中継のみで再放送無し。
録画予約をきっちり確認しないと!
  1. 2016/03/14(月) 10:12:49|
  2. 3Dプリンター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

F1GPニュース

今年初めてのフジテレビによるF1番組でした。
今年も無事に放送されるんだな〜と妙な安堵。
冒頭、川井氏の「こちらの準備云々」は普段なら同情するようなことではありませんでしたが、
今年は少し意味合いが違う。
放送されたテストの内容は大方ネットでもわかる範囲の内容でしたが、
最後の66周想定のシミュレーションは希望が少し遠のいたかな(笑)
何れにしても、いよいよ来週開幕。
NEXT加入者しか観られないような感じですが、少しでも多くの人が観られるように願うばかりです。

下記画像はFW14Bのリヤカウル裏側。クレーンで釣り上げる時のテザーの逃げ部分。
折り返しが結構深いのがわかります。

IMG_2327.jpg




  1. 2016/03/12(土) 04:17:25|
  2. パーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

f1channel

Author:f1channel
F1関係の主にメモラビリアを集めています
画像の無断転載は全て禁止です

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
ヘルメット (9)
ノーズ (7)
パーツ (40)
ゲーム (3)
その他 (2)
PC (2)
オーディオ (3)
スーツ (10)
AV (2)
ドライバー (3)
コレクションホール (13)
映画 (2)
3Dプリンター (7)
雑誌 (2)
模型 (0)
SF15-T (28)
ヘルメット模型 (4)
バイザー (3)
ミニカー (1)
RB9 (1)
DW12 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR