F1チャンネル

F1のメモラビリアを中心に紹介するブログです 画像の転載は全て禁止です

暗所保管?

「暗所保管」ってオークションでよく見かける”聞こえの良い言葉”ですが、
押入れやタンスの肥やしになっていたのなら
「百害あって一利なし」となってしまうアイテムってありますよね?
布地のように湿気を吸ってしまうものが正にそうで、
ヘルメットの内装、スーツ、グローブ、シューズといったドライバーギアは御法度。
それなのに、「暗所保管のため大変綺麗です(主観)」という言葉が使われていると”?”となるわけです。
メモラビリアは貴重な実使用を預かるわけで、カビやシミを発生させやすいタンスや押入れの肥やし化は避けたいもの
で、私はこんなものを使っていますよという御紹介

防臭防カビ衣類カバー

IMG_2938.jpg

なんてことはない、どこにでも売っているものですが
実はそうでもないのです

IMG_2936.jpg

このように前面が完全な透明なのです
某有名メーカーのものは前面に満遍なく模様やロゴマークがちりばめられていて
とてもじゃないですが鑑賞に耐えられません
というわけで、前面が完全に透明で、背面が通気性に配慮した不織布を探したわけです

IMG_2937.jpg

このように背面はこのようになっております
防臭防カビの効果は1年ということで、定期的に交換し、
さらに年に数回は取り出して陰干し+除湿機全開稼働で湿気を排除

私が所有する以前から、スーツにはホンの一部とはいえ色焼け、黄変が見受けられるものがあります
今回撮影した04年琢磨スーツがそうです
腰部が顕著で、汗を大量に吸っていた事が想像できます
これらは使用後の除湿やクリーニンングの不備、
あるいは、前のオーナーかショップの保管がよろしくなかった事が原因です
実使用なのですから、汗が黄変することは大いにあることではありますが、
オリジナルを維持しつつ最善の保管をしたいものです
もちろん、ウレタン、スポンジのように加水分解するものは化学変化ですから難しいのですが…




スポンサーサイト
  1. 2017/01/11(水) 14:31:27|
  2. スーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マジックテープ 正確には面ファスナー?

アルパインスターのスーツは、以前03年のトゥルーリのものを所有していました
そのころから問題だったのは、マジックテープのクオリティーが極めて低いことです
昔からある技術なのに何故…

で、今回手に入れた04年琢磨スーツも同様でした
下記は首元

IMG_2915.jpg


胸のあたりも同様
ファスナーは信頼のYKK

IMG_2916.jpg


腰ベルトも同じで、起毛している側の繊維がベローっと伸びて、ひっかかりが弱くなるのです

この年代のアルパインスタースーツを購入する人は要注意です
ちなみに、2014年ベッテルスーツのマジックテープは強化されています(普通になっただけですが)

  1. 2016/12/27(火) 16:26:34|
  2. スーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

琢磨04スーツ

佐藤琢磨の2004年はUSの表彰台などの活躍がありましたが、バトンに負けた年でもありました。
鈴鹿で4位という素晴らしい結果も、バトンが3位表彰台という事実もあり、
なんだか喜べずに悔しいという印象のまま鈴鹿観戦を終えて帰った記憶があります。
土曜日が台風で、日曜日に予選決勝という慌ただしさも苦にならなかったのは、
彼の活躍が大いに期待できたからだと思います
今思えば、なんとも贅沢なファン心理で、鈴鹿サーキットの盛り上がりも
今では考えられないくらいの熱量がありました

日本人ドライバーに大きな期待を持って鈴鹿観戦していた幸せな時代
そんな時代のスーツ

IMG_2907.jpg

鈴鹿で最高の思い出になった2002年のスーツが欲しいと思いながらも
メモラビは出会いを逃すと、2度と手に入らない
あれから10数年、なんだかんだ言いながら、結局入手した


  1. 2016/12/22(木) 14:05:02|
  2. スーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベッテル2014 その3

以前、紹介したベッテルのスーツについて、つづきです


旧型と、当方所有の新型の違いのうち大きな違いは膝の伸縮素材の使われ方です
旧型は膝から太もも内側まで広範囲に伸縮素材が使用されているのに対して
新型は膝部分のみに縮小されています

IMG_2549.jpg


裾部分
旧型から存在していたかどうか不明ですが、ゴムバンドがあります
ベッテル用というわけではなく、リカルドやクビアトのスーツにも存在していたようです
子供用のズボンみたいですね(笑)
素材はノーメックスではないような気がしますが…

IMG_2550.jpg


胸のジッパーを開けると、FIA承認のホログラフィックシールが封入りされています
いつの時代から存在しているのか知りませんが、私のコレクションでは初です
(通し番号らしき印字があるので、緑ベタで画像加工してあります)

IMG_2551.jpg


さらにジッパーを下ろすと、一番下にドライバー、チーム識別と通し番号のタグがあります
頭からSV(ドライバー名)IRB(チーム名)◯◯(通し番号)14(年号)
(通し番号は緑ベタで画像加工してあります)
年間支給数がわかりませんが、中盤から後半なのは間違いない数字です

IMG_2553.jpg


F1とルマン
絶妙な時間でしたね
ルマンの結果、F1の結果、どちらも書くつもりはありませんが、
F1が白々しく感じるほどの熱気が、ルマンにはあったと感じました
結果云々だけでなく、チーム関係者のコメントに感動した
戦いとはそういうものだと、つくづく思いましたね





  1. 2016/06/21(火) 15:36:20|
  2. スーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベッテル2014 その2

つづきです

アルパインスターは2014年に新型のスーツを作っています
ただ、投入時期の問題なのか、2014年は何回か旧型を使用しています
確認した限りでは、
旧型はプレシーズンテスト、開幕フォトセッション、スペイン、カナダで使われています
あと、イベントでも着用されていたようです
FIAホモロゲーションの登録番号は、旧型がRS200.11で新型がRS255.14

私が入手したのは新型の方でした

IMG_2527.jpg

一時、このホモロゲーション表示までプリントにしていましたが、
レギュレーション違反を問われて、ここだけ刺繍に戻すという事がありましたね



背中のプリント部にはこんな汚れ

IMG_2526.jpg

シートとの擦れなんでしょうね
実際、セッション後の画像を見ると、この部分に汚れが付いている事が多いです
他は脇の下とかに擦れ汚れがあり、乗り降りの際に付いたものと思われます


つづく


  1. 2016/06/04(土) 18:21:44|
  2. スーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

f1channel

Author:f1channel
F1関係の主にメモラビリアを集めています
画像の無断転載は全て禁止です

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
ヘルメット (9)
ノーズ (7)
パーツ (40)
ゲーム (3)
その他 (2)
PC (2)
オーディオ (3)
スーツ (10)
AV (2)
ドライバー (3)
コレクションホール (13)
映画 (2)
3Dプリンター (9)
雑誌 (2)
模型 (0)
SF15-T (31)
ヘルメット模型 (4)
バイザー (3)
ミニカー (1)
RB9 (1)
DW12 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR