F1チャンネル

F1のメモラビリアを中心に紹介するブログです 画像の転載は全て禁止です

SF15T その30の2

グリップの太さを修正しました

IMG_3388.jpg

今回の出力のほうが積層痕が目立たないのは、前回記事でも書いた、
プリンターの蓋を開けて一時停止していないから
大抵はこのくらいのクオリティで出力可能です

スポンサーサイト
  1. 2017/10/20(金) 18:30:47|
  2. SF15-T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SF15T その30

ステアリングを出力しましたが

IMG_3387.jpg

グリップが細かった!
横方向も奥行き方向も太さが足りないです。
データ直した方が早いな〜

途中、大きな積層痕がありますが、誤って蓋を開けたときの痕跡かもしれません
ということは、レジンの補充でこういったズレが発生するのかな?
現状で補充が必要な物を出したことはありませんけどね

今週はUSGP
早くもチャンピオン決定の可能性
どっちのドライバーもがんばれ!!



  1. 2017/10/18(水) 15:45:29|
  2. SF15-T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SF15T その29

久しぶりにSF15T
光造形でリヤ翼端板を出力

IMG_3340.jpg

FDMよりデータは薄くして挑戦したら、細かいフィンも含めて一発OKの出力
後端の3本の斜めフィンも出力してくれました
FDMでも十分満足な結果でしたが、数段上の結果

ホンダの来年が決定しましたね!
スポーツで結果が出せなかったのだから、当然といえば当然
外野が肯定やら否定やらは意味が無し
今年の残りも来年以降も、引き続き応援するのみ!

そして、さきほど終わったシンガポール決勝は
いきなりの驚きがありましたね!



  1. 2017/09/17(日) 23:46:54|
  2. SF15-T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SF15T その28

前回、RB9を組んでから1月ほど経ちましたが、
RB9の経験をSF15Tにも取り入れてみました。
SF15Tは修正に修正を重ねたせいで、3Dプリントのメリットが一部とはいえ欠落していました。
それがどうにも我慢できなかったというのが本音です。

3Dデータから構造も形状も見直し、1年以上かけた状態のモデルを破棄。
4週間ほどで、ボディにアンダートレイと前後サスが組みあがりました。

IMG_3103.jpg

この状態で真鍮線やネジ、ボルトは未使用で完全固定できています。
前後ウイングやタイヤ等はそのまま使えるので、ここから再スタートです。


  1. 2017/05/07(日) 23:50:41|
  2. SF15-T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SF15T その27

ノーズとモノコック下にあるフィンを作ります

まずは3Dプリンターで出力
こういった微妙にうねったパーツは3Dプリンターが適しています
まだ下のラフトが付いていますが、これは簡単に剥がせます
予備を含め、2つ分出力しています

IMG_3025.jpg

虫ピンをつけて、後付けできるようにしておきます
右に見えるのは、ラフトからパーツを取った状態

IMG_3026.jpg

両方付けてみます

IMG_3028.jpg








  1. 2017/02/18(土) 14:53:44|
  2. SF15-T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

f1channel

Author:f1channel
F1関係の主にメモラビリアを集めています
画像の無断転載は全て禁止です

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
ヘルメット (9)
ノーズ (7)
パーツ (40)
ゲーム (3)
その他 (2)
PC (2)
オーディオ (3)
スーツ (10)
AV (2)
ドライバー (3)
コレクションホール (13)
映画 (2)
3Dプリンター (9)
雑誌 (2)
模型 (0)
SF15-T (31)
ヘルメット模型 (4)
バイザー (3)
ミニカー (1)
RB9 (1)
DW12 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR